中学・高校・大学の受験対策から、学校・塾のフォローアップや苦手科目対策に

東大家庭教師ドクター

学習習慣定着コース

「東大生は頭がいい」

決して、そうとは限りません。
多くの東大生は普通の若者なのです。もちろん先天的に頭の回転が速い東大生も多いものの、それだけでは高成績に結び付けることは難しいのです。
普通の若者である彼らは、成果を出せる学習習慣を見つけ、実践し続けることで東大生になることが出来たのです。
東大個別指導塾ドクターでは一人ひとりの「東大習慣」を見つけるきっかけを提案します。

料金

入会金 20,000円(税別)
授業料 4,300円/時(税別) + オプション
交通費 なし

一般小学生コースオプション料金

オプション サービス概要 料金
家庭教師指導経験 小学生を指導した経験に基づき、より綿密な学習フォローが可能です。 ¥500
(税別)
塾講師指導経験 小学生対象の塾の講師を経験したことで、生徒に応じた指導方法を持ち合わせています。 ¥500
(税別)
帰国子女の東大生 帰国子女受験や、学習フォロー、実体験に基づく英語指導もお任せください。海外居住経験のある東大生がサポートします。 ¥500
(税別)
東大理3・医学部医学科 日本の学力の最高峰の東大理3、医学部医学科を突破した最高レベルの学力の持ち主です。
東大理3の講師一覧はこちら
¥4,000
(税別)

ケース1:小学校低学年からの学習習慣の定着

多くの東大生は「子供のころは普通の小学生だった」と言いますが、話を掘り下げてみると一人ひとりが、現在につながる「東大習慣」を身に着けていたことが判明したのです。
皆様は以下の要素のうち、どのくらいを持ち合わせているでしょうか。

説明する力

子供が「何かを買ってほしい」と言った時「どうしてそれが必要なの?」と問いかけてみましょう。
欲しい欲しいと駄々をこねるのではなく、自分の限られた語彙の中で一生懸命、理由を説明しようとする姿勢が「東大習慣」の源流です。
東大生の多くは、幼少期から、自らの言葉で説明する習慣を身に着けていたのです。
それが、後々の論理的思考力・表現力の礎になっていたのです。

科学的な視点

「どうして夏は暑いの?」
「僕の家からずっと左に行ったらどこに行けるの?」
「お星さまは、どうして落ちてこないの?」
大人が普段、当たり前に思っていること、不思議を感じないことに疑問を抱くことが、幼少期に身に着けてほしい「東大習慣」です。
ここで大切なのは「大人がすぐに答えを教えないこと」です。百科事典を調べてみたり、実験をしてみたり、自ら調べる姿勢を養わせてみましょう。
この科学的な視点が、思考力や発想力を大きく伸ばすことになるでしょう。

文章に親しむ

「はい、今日はここまで」
読み聞かせの際、敢えてクライマックスの手前で止めてみましょう。
続きが知りたくて、自分で本を読み進めてみたり、その先の展開を想像できたりすれば「東大習慣」のスタートです。
多くの東大生は幼い頃から読書が習慣として身に付き、想像力や感受性を養ってきました。
この豊富な読書経験が読解力・記述表現力として昇華されているのです。

東大個別指導塾ドクターでは、幼い頃から現役東大講師自身が実践してきた「東大習慣」を身に着けるお手伝いを提案します。勉強を勉強と思わせない、自主的に考え、表現できる学習習慣を東大生個別指導講師とともに身につけましょう。

ケース2:中学・高校・浪人時代に掴むべき学習リズム

心身ともに子供から大人へ大きく成長する中学、高校時代。
大きな挫折を味わいながらも、勉強に打ち込むしかない浪人時代。様々なことに興味を持って打ち込むべき大切な時期ですが、決して勉強をおろそかにするわけにはいきません。
この時期に大切なのは自分なりのスケジューリングの確立です。ほとんどの東大生は中高時代に、自らの「東大習慣」を身に着けました。
また浪人時代を過ごした東大生も、生活リズムを崩すことなく勉強をしつづけました。毎日の生活に追われて、ゆっくり考える時間のない今こそ、敢えて立ち止まって、本当に効果の出る、自分のためのスケジューリングを東大個別指導講師とともに見直してみましょう。

公立校の不安

私立進学校と比べて進度の遅いカリキュラムや、受験情報の少なさに不安を抱く公立校の生徒も多いことでしょう。また公立高校進学に向けて、内申点が心配な生徒も少なくはないことでしょう。
東大個別指導塾ドクターには、小学校、中学校、高校と公立校出身の東大生も多数在籍しています。
私立校と比べて、自ら勉強する時間に余裕のある公立校の特性を活かしたスケジュールを、公立校出身の東大個別指導講師とともに築き上げましょう。

公立中学・高校出身でほぼ自習のみで東大現役合格に導いた4つの習慣(東大習慣ブログ)

部活や学校行事との両立

週7日の練習に、朝練に夜練といったハードな部活・・・
片道2時間近い長い通学時間・・・
受験直前まで盛んな学校行事・・・

学生生活において、勉強と学校生活との両立は永遠の課題です。
東大個別指導塾ドクターに在籍する多くの東大個別指導講師は、学校行事に積極的に関わりながら、自らを厳しく律することで、高い学力を維持してきました。
充実した学校生活を送りながら確かな学力を築き上げる「東大習慣」を、東大個別指導講師とともに身につけましょう。皆さんの悩みを解決してきた東大個別指導講師が、そのコツを直接指導します。

ケース3:学校の先輩でしか知りえない、その学校で勝てるコツ

私立校では、学校独自の行事や学習カリキュラムが組まれていることが特長ですが、一般の公立の中学生・高校生の学習リズムと大きく異なることも多いです。
その独特の学習リズムを最もよく理解し、力を発揮できる術を身に着けているのが、その学校出身の東大個別指導講師です。

出身校の先輩ならではの学習のコツ

その学校独特の使用教材や科目の対策は、一般の家庭教師では難しい場合がほとんどです。
一方、先輩の東大個別指導講師なら、カリキュラムの見通しや、学校の先生の特徴からも、より効果の出せる学習方法を提案できます。
まずは定期テストで「東大習慣」を実践してみませんか。

出身中学・高校から東大個別指導講師を探す

学校行事や部活

文化祭や体育祭、部活の遠征や修学旅行など、学校独自のイベントが豊富であることが私立校の特長です。ただ、このようなイベントも、参加する側として流されてしまっては、非常に勿体ないことになってしまいます。

そこで、先輩の東大個別指導講師が学校生活をより楽しむ方法を提案します。
時期に応じた勉強と学校生活の両立のコツを東大個別指導講師と掴み、より充実した中学・高校生活を送りましょう。

出身中学・高校から東大個別指導講師を探す

お電話でのお問い合わせはこちら東大家庭教師ドクター考える力、勉強の効率化を上げる力、継続化する力=東大習慣。相談無料03-5308-5825〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-43-7 SKビル1F